ジェームス・ゴールウェイ16本のフルートのデモンストレーション

ジェームスゴールウェイのフルートは素晴らしい、と思う人は多いと思います。

ならば、ゴールウェイが使っているフルートにすれば、

つまり金のフルートにすれば、あの素晴らしい音色が出せる!

と勘違いしている人は意外と多いのではないだろうか。

自分の音色は悪い=あまり良いフルートではないから

上の公式は×であることは言うまでもありません。

「え!?」

と思った人はいますか?

ゴールウェイが16本のフルートを吹いています。
どれが銀でそれが金かあなたは聴き分けられますか?


ゴールウェイはどのフルートを吹いてもゴールウェイの音色なのです。

しかし誤解のないように言っておきますが、ゴールウェイは日夜自分の音色(広くは音楽そのもの)を磨いているし、
金と銀のフルートの差は生で聴けばその特性の違いはわかると思います。

ゴールウェイはゴールウェイ、ニコレはニコレ、パユはパユ。
フルーティストの数だけ音色があるし、各々理想の音を求めて日夜努力を重ねているのです。

フルートの音色を自分の理想に近づけることは簡単ではありません。

なぜでしょうか?
理由があります。

それは次回にします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック