ジェームスゴールウェイにも師事した清木ナツキからの助言

何故フルートが難しいかという説明の前に誤解を取り払わなくてはなりません。

少しでも、と言うか、少ししかフルートをやったことのない、特に独学の人は必ずこう言います。
「フルート?簡単だよ!」と。

しかし、音色を追求して吹いている人は
「フルートは難しい!」と言うと思います。

勿論、稀にすんなりと良い音が出る人もいるでしょう。

何故片や簡単、片や難しい、と言う対照的な感想になるのか?


「音が出る」ことは簡単です。
あと、低い音からリコーダーと同じ運指だから、そう言う意味では確かに簡単でしょう。

ところが、これはスタートであってゴールではないと言うことから「難しい」と思うのです。

ま、そんな意味合いで「難しい」と書いたのですが、誤解は解けたでしょうか?

じゃあ、何が「難しい」かと言うと星の数ほどあり、枚挙に暇がないのです。

例えば・・・

音色、音程、強弱、高音の運指、低音のコントロール~高音のコントロール
中音域の音量や鳴らせ方(特にD,Dis,E,Esなど)
また、そのピッチ、Cisなどの不安定な音程のコントロール、など
(こう書けばフルートをやっている方は納得していただけると信じています)

そして常に付きまとうことは、

呼吸法やアンブシャー

緊張をしてはいけない唇。しかし、一定の音を出すためにはある程度は
緊張感も必要。

ジェームスゴールウェイ氏は、生徒の質問「アンブシャーはどうすれば良いか?」

に対し

「私も毎日研究しているんだ。だから、これだ!と言うアンブシャーの正解はないし、各々研究する必要がある。」

と答えているのです。

ゴールウェイにも師事した 清木ナツキさんはこう言います。

唇の力は抜かなくてはならないが、抜きすぎたらダメ。
つまり緊張感のある脱力したアンブシャーが理想だと・・・
でも、これだけではなく腹式呼吸や息の出し方がなによりも重要

(む、難しい・・・)

そう! 簡単なことではないのです。

清木ナツキさんの音を聴いたことのある人は、そのフルートの音色に引き込まれるでしょう。

早くあのようなフルートが吹きたい!と思うのですが

今日教わって明日できるような技ではないでの歯がゆいのですが・・・

やはり少しでも早く会得したいと頑張っています。

ちょっと脱線してしまいましたが、前回の
「フルートの音色を自分の理想に近づけることは非情に難しい作業です」
の回答の一つとして記します。

次回は少し深く考えていきましょう。

この記事へのコメント

Frawbroax
2012年11月30日 21:45
Good evening
primary source of coverage for most senior citizens and for low-income children and families who meet Dakota homestead title insurance company on the companies specific policies it might or might not cover the deductible as well. Gap insurance is Coverbox car insurance only your mistakes, but also the mistakes of the people and contractors you hire. For instance, a bank пActuarial aspects of individual life insurance and annuity contracts
Good luck

この記事へのトラックバック