清木ナツキ フルートリサイタル

ところで、フルートの音は、硬い音と柔らかい音に二分できると思うのです。

ま、でも硬い中に柔らかい音があったり、その逆だったり、があるのでこのフルーティストはこの音!

と言うのはないのかも知れません・・・

清木ナツキさんのリサイタルについてお知らせします。

東京(近郊)の方と、広島の方はラッキーです。
2009年3月13日【広島県民文化センター】
2009年3月14日【リーデンローズ:福山】
2009年3月23日【かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール】

画像


前述の区分けで言うと芯のある柔らかい包み込むような音、とでも表現できるでしょうか・・・

う~~ん・・・音を言葉で表現するというのは難しいものです。

フルートをどう鳴らすか、音楽をどう表現するか、など勉強するもよし。

どっぷりと、音楽の中に浸るもよし。

ルックスもよし。

NHKとか題名のない音楽会とかに出ないのかなあ・・・

そういえばパユとも親交があるようです。

次回は清木ナツキさんについて、人物像をお話しします。
でも、調査に少し時間がかかるかも・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック