プロコフィエフ:フルートソナタ(清木ナツキフルートリサイタル)

プロコフィエフのフルートソナタ二長調Op.94

今ではフルーティストにとっては欠かせないレパートリーですが、
ジェームス・ゴールウェイとマルタ・アルゲリッチの黄金コンビがこの曲の火付け役となったようです。

作曲が1942~1943年ですから、世界大戦のさなか。
初演からしばらく、あまり演奏されることがなかったようです。
曲想が時代を反映しているような気がしますが、そのせいだったのでしょうか?

初演は成功をおさめたようですが。

その後ヴァイオリンソナタの2番にもなったこの曲。


フランク:フルート・ソナタ集
BMG JAPAN
2007-11-07
アルゲリッチ(マルタ) ゴールウェイ(ジェームズ)

ユーザレビュー:
フルートで演奏すると ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



写真を見ると二人とも若いですねぇ。。。
(録音年月日:1975年5月20日&21日於;ロンドン、キングスウェイホールと言うことですから、ベルリンフィル退団直後ですね。)

ゴールウェイのウェブサイトではピアノがフィリップ・モルでのライブ録音がダウンロードできます。

ライブならではの臨場感があり、目をつぶって聴くと舞台には演奏するゴールウェイがいるかのような、感じです。
モルのピアノは息の合ったコンビなので、アルゲリッチとはまた違う味付けになっていると思います。

さて、清木ナツキフルートリサイタルでは、この名曲をどう聴かせてくれるのか、楽しみです。


You YubeでProkofiev Sonata で検索すれば結構いろいろな人達の演奏が聴けます。

以前紹介したトレヴィザニの演奏もあります。

では。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック