もうすぐ発表会・・・

フルート再開後3回目の発表会。

発表会の様子は録音したCDをもらえるので、手に取るように良く分かる「問題点」

1回目・・・07年秋・・・音は悪いは、音程は悪いは、演奏は悪いは、緊張はしているは、全くダメでした。
    (この頃は高音が全く思うように出なくて、出る時は技術ではなく「運」で出していた感じ・・・なので、中音域
    から低音域の曲を選択。しかし、これが返って災いしたような気が・・・)

2回目・・・08年11月・・・音質は1年前と比べると、少しは良くなっているが、音程が今度は上ずっている、指が回っ               ていない、加えて一番ダメだったのは、発表会の1ヶ月前から緊張していたこと。
              これが、一番の問題点でした。

さて・・・今年は・・・10月31日(土)・・・どうなることやら・・・

曲はムーケの「パンの笛」から第一楽章。

あ~~~、ちょっと難しかったなぁ・・・

でも、少しでもミスなくできるよう日々頑張っとります!

清木先生には、注意点と言うかアドバイスを頂いておりますが、これが中々クリアできません・・・

考えてみれば3年前・・・
音が1オクターブ半くらいしか出せなかった(気がします)ような、この私を、忍耐強く面倒見て頂いて、
ただただ、感謝です(別にこの世の終わりではないが)。

その頃は、今思えば「よくあんな固い唇でフルートに吹き付けていたなあ」と思えるほど、最近は唇が楽になりました。
清木先生が言っていた「緊張感を持った脱力した唇」の意味が最近になってやっと「少しは」分かる気がしています。

まだまだ、問題は山積していますが、3年一区切りとか。

その成果を披露できればまずは心の小休止が出来るかも。

自分である程度納得できたら、You Yubeにでもアップしようかと思っています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック