フルーティストと扁桃腺 その3

長い夜・・・

寝返り打つ度・・・局部が痛い・・・
なので、寝返りを打ちたくない・・・

でも、仰向けで寝ると、別の問題が・・・
鼻から息は吸える・・・しかし・・・鼻から息が出ない・・・

それはどうも、喉ちんこが腫れていて息を出そうとすると「弁」の役割を果たし吐く時上手い具合に息を止めてくれるのです。

と言うことは口で呼吸。

すると喉が渇く・・・手術したばかりなので非常に具合が悪い・・・

そこで意を決して局部が痛いのを我慢しながら寝返りを打つのです・・・

「くぅ~~~~い、い、痛い~~~」

やっとの思いで寝返り終了。

息が出来ます。

ああ、鼻で息が出来る、この幸せ・・・

でも、あそこが痛い・・・

少し眠りに落ちますが、すぐに目が覚めます。

痛さ、と呼吸。

また寝返りを打ちたい・・・でも・・・痛い・・・数分間微妙に動きなら寝返りを・・・

その繰り返しでした。

オシッコはしたい気分でしたが、尿道の違和感がありとてもじゃないけど出すのに抵抗があったので

「よし!我慢するぞ!」とそう心に誓うのでありました。

朝になったらはずしてくれるはず・・・それまで我慢しよう。

あまり深く眠ることは出来ませんでしたが、別に翌日仕事をしなければならないわけではないので、気は楽です。
そのままベッドに横たわるだけなので、なんの心配もありません。

痛さと呼吸の辛さをどう克服するか・・・。(寝ては醒め、また眠りの繰り返し)

そんな状態で長い夜は終わり、朝が来ました。

やっと、尿管をはずしてもらいました。長い長い時間だったような気がします。

さて、そんな状態でも結構お腹が減っているのです。
何か口にしたい・・・

朝食は8時。

出てきたものは・・・

====次回に続く====

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック