フルート練習法(1)

かれこれ、フルートを再スタートをしてから3年半が経過します。

3年前とは明らかに違うものが音色です。今は明るい音色を目標に頑張っています。

しかし、まだ迷いはあります。

それは歌口と唇の位置関係。

なかなか1回ではまりません。

それでも練習はしています。

今は練習室があるので、気兼ねなく練習できます。

とは言え社会人なので、それは限られた時間の中での練習。

貸しスタジオに行っていた頃は時間の制約に悩んでいました。
個人練習なので、予約は当日のみ(私が通っていた貸しスタジオの場合です)なので今吹きたいけれど、
数時間後の予約とか・・・

それならまだ良い方で、当日の予約は早い者勝ちなので、自分の予約が取れず、明日以降にずれたり・・・

もう一つ自分の練習室でのメリット・・・それは反響音を聞いての修正。

貸しスタジオの場合、バンドの練習が多いわけです。

となると、隣のスタジオからベース音が振動とともに聞こえてきたり・・・

また反響を抑えた造りになっているので、反響(残響)が殆どないのです。

それはそれで良い面もあるのですが、音質作りにはデメリットの方が多いようです。

詳しくは次回。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック