リズムの問題

リズムを取るのが下手な自分。

まずはフルートを吹きながら裏拍を足で刻む。

1、トン、2、トン、3、トン、4トン・・・のようにトンのところが足で床を鳴らすところ。

何とかこれなら出来そう。

しかし・・・

4拍子として、1拍の中に16部音符が4個並ぶ場合の4個めを足で鳴らすのが、かなり難しい。

次は16分の2個め・・・

こうやって練習するのが良いと言うので、これからは少しこう言う練習をしようと思う。

自分の何がいけないか、と言うと、例えば4拍子の中の3拍めと4拍めが走ってしまう。

と言うようなところを改善する為に、小澤恭子先生が最近取り入れている方法。

頭で理解していても、体で覚えていないので、リズムが乱れるとのこと。

従って体に覚えこませるようにしたい、と言うのが一つ。

そしてこう言うリズム練習をしていても、音質はキレイに且つ音楽性を保ちながら練習することが必要。

不器用な者としては1点に集中してしまうキライがあるのでほんっとうに苦手なのです。

それとやっていて思ったのは、ジャズやロックで出てくるシンコペーション。

ああいうのが身についていると苦労はないかもしれない。

ちょっとジャズ系でも聞いてみようか?

音楽はジャンルで区分けするのは良くないかも・・・と思った今日でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック