基礎練習が重要

小澤恭子先生曰く、基礎練習は大切と。

確かに全く以ってその通り。

何も異論はありません。

でも、なかなか難しい、と言うか気持ちが基礎練習に向かないのも事実。

ペーター・ルーカスグラーフのCHECH-UPと言う基礎練習の本。

これの第1番目のものをまずは、やりましょう!と先生。

練習は荒っぽい音で吹くのではなく、キレイな音を出すように練習をする。

呼吸の練習。

肺から息を出す練習をする。そして息を出し切る。(胸を動かしてはならない)
腹筋を使っていることを意識する。
しかし、リキんではならない。
でも、きれいな音を出すことを心がける。

これが本当に!かなり!難しい。

少しづつ少しづつ前進するつもりでトライしてみます。



今年のお中元は米沢牛にしませんか?

この記事へのコメント

みな
2012年06月05日 13:21
こんにちは
  お蔭様でいよいよレッスン開始しました。ムラマツまではなかなかということで、近間で良い先生が見つけられたこともあり始められました。私の場合、基礎練はモイーズの「ソノリテについて」、「タファネルゴベール」、「音階」をやっています。やればやるほどやらなければならないことがというかやってみたい練習があって時間がいつも足りません。基礎練がエチュードや曲に生かせるようになるまでまた時間がかかりそうです。
 ペーター・ルーカスグラーフのCHECH-UPという本は、ムラマツの楽譜検索で出てこなかったですが、とても興味があります。是非どういう練習か楽譜UPして頂けたら嬉しいです。

この記事へのトラックバック