発表会の曲決定!エネスコのカンタービレとプレスト

発表会の曲をここ1ヶ月くらい悩んでいた。

そしてここ1ヶ月は本当にフルートが鳴らない状態が続いていた。

自分の場合、鳴らないと音楽の表現も萎縮するし、ついでに指も回らない。。。

鳴らない、萎縮する、指も回らない、の三重苦。

やってみたい曲は数曲あったが、どれも断念しよう、と一時思っていた。

その曲は

モルラッキのスイスの羊飼いの変奏曲

シャミナードのコンチェルティーノ

フォーレのファンタジー

ドニゼッティのソナタ

加えてシュターミッツの協奏曲

最有力候補としてドニゼッティのソナタだったが、それでも指が回りづらいところがあった。

しかし、先週の終わり頃、自分の調子が良くなったので、思い切ってモルラッキに決意しレッスンに行った。

数種類を候補として、小澤恭子先生とどれが良いかアドバイスを頂き、結局

エネスコのカンタービレとプレスとに決定!

かなり難しい曲だが、落ち着いて取り組んでいくつもり。

イントロのピアノが波の揺り返しのような感じにイメージしながら聴いていた曲。

その波の上をボートのように上手く乗れれば良いなぁ、と思っている。

来年の1月30日が本番だが、それまでにやらなければならないことがかなりある・・・

上手くいきますように・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック