エネスコのカンタービレとプレスト

かなり難しい曲を選んだものだ、と今更ながらに思い知らされている。

この曲は・・・
芯のある音から風のような息の多い音など音質の変化、

クレッシェンドしていって急にピアノにするなどの強弱の変化、

低音の豊かな音質や、高音のままピアノで1小節以上保つこと、

かなり長いスラーで囲まれたようなアーティキュレーション、

ブレスのタイミング、

16分音符の連続から3連符や5連符6連符に続くリズムの複雑さ、

オクターブの跳躍、

右も左も小指を使う運指がよく出てくるし、

音階もアルペッジオも・・・

メトロノームを使って根気良くやるしかない。

数年前のムーケの「パンの笛」で経験したような失敗はしたくはない、と思います。

つまり、出来ないことをそのまま出来ないままにしないで、(いえ、その時は必死にやってはいたのですが)本番に臨むのではなく、ある程度は出来るように、根気良く繰り返し出来るように練習する。

今はそれだけです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック