キレイな音質にこだわる

約6年前。

フルートを再開し、レッスンに通うようになったのは、音質の酷さがあったから。

最初は、アンブシュアさえ決まれば音は良くなると思っていたが、今は違う。

アンブシュア、息の吐き方、お腹の支え等々本当に1音を出すには50項目をクリアしなければ良い音は出ない。
(ま、数えたわけではないが・・・)

何度かこのブログでも書いたが音がよくなったと思う、と。

しかし、その数週間後。

やはりその出し方に疑問を持ち、改善する。

すると、以前よりは良い、と思えるようになるものの、やはりまた一定の時間が過ぎるとあまり良くないことに気付く。

そんな感じでずっとやり続けてきたわけですが、やはり最終ゴールは見えてこない。

登山をしているような気分で、いつになったら山頂に辿り着くのだろうか?

多分、死ぬまでそこには辿り着けないと思う。

でも、1ヶ月前よりは高い位置に進んでいる、と言うことを思いながら毎日練習をする。

練習はすればするほど自分の血となり肉となる。

また新しくアンブシュアを軌道修正し今に至っているが、明日は今日以上に良くなるよう頑張ります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック