ムラマツフルートPTPを試奏してみる!

今回借りたのは、PTPモデル。

これは総銀製のDSにプラチナメッキを施したモデル。

見た目はものすごく美しい。

ピカピカしていて肌触りも良い。

プラチナでメッキしているので、銀製よりもメンテナンスが楽で銀独特の黒く変色することもないらしい。

そして重さとしては、先日のSRよりも重量感があり重さも感じる。

さて、その吹き心地はと言うと・・・

発音が非常に良いことが分かる。

自分としては先日のSRよりも吹き応えがあって鳴りも良いし楽器が私の息に反応してくれている気がする。

この日曜日の夜に吹奏楽団の見学に行ったのだ。

その前にと思い、午後一番でスタジオでPTPのなり具合を確かめてみた。

その印象が上記なのだ。

そして、見学に行く時は今の愛用楽器のEXを持って行った。

それはPTPは借り物だからと言うことと万が一壊れたりしたら嫌なので自分の楽器を持っていたのだ。

午後一で吹いたPTPに比べて練習会場で吹いた時、一番に感じたのは・・・

EXは非力なのだ。

いくら吹いても楽器のポテンシャルが低く、PTPの鳴りから比べると弱く感じた。

もしその時PTPだったらもっと会場が鳴る感覚を味わえたと思った。

これはイヨイヨ良い楽器が欲しくなってきたなあ・・・

今の第一候補はPTPかな。

SRより音のも立ち上がりが良いのだ。

しかし、音色は少し暗めになるかな。

その点は金のほうが明るくなるのだろうか?

そして小澤先生の言っている意味が少し分かった。

EXはキャパを超えている、と言う意味が・・・

管体が洋銀なので、ヘッドジョイントが銀製であっても、洋銀の明るさはあるものの、音質としては軽いのだ。

だから、吹き込んだ時に洋銀の持っている鳴り方であって決して銀のなり方ではない。

録音の音では違いはほんの少しにしか聞こえないが、会場では全体の鳴りが違うのだろうと思う。

PTP・・・良い楽器だ。

欲しくなった・・・・


この記事へのコメント

めいぷる
2013年06月26日 07:13
私もムラマツの回し者じゃありませんが、、、笑
SRのPTPも良いですよ♪
メッキされちゃうと総銀より繊細な音色変化を出しにくいですが、、、どの様な事がしたくて、どの様な環境で吹くか、、、などを当てはめて考えると選びやすいですよ。 (#^.^#)
2013年06月26日 23:18
めいぷるさん、コメント有難うございます。
そうですか、めいぷるさんのフルートはSRのPTPなのですね。
ムラマツフルートのカタログと価格表を見比べながら
「ふ~」とため息をついています。
フルートって高い楽器ですよね~

もう少し吹き比べて考えます。

それと・・・

SRは今注文しても2年待ちとか・・・
めいぷる
2013年06月27日 08:29
SR、昨年聞いた時は半年切っていたけど波があるんですね。
昨年比重の重い楽器が欲しくて色々吹いたんです。SRPTPは良かったんですが、自分の要求とマッチしていなかったので諦めました。(T_T)
2013年06月27日 22:41
なるほど・・・

もっと別の音質を求めているんですね。

今は何を愛用していらっしゃるのでしょうか???
めいぷる
2013年06月30日 21:04
昨年、師匠愛用の木管を譲り受けました♪
師匠が大事に育てていたモノなので、私のもとでグレない様に可愛がっております。(^。^;)
2013年07月01日 22:43
そうですかぁ、お師匠さんの愛用されていたものを譲り受けたのですね。
先生に見込まれてのことだと思います。
グレないように・・・
何となく分かります^^
可愛がってください。

この記事へのトラックバック