歌口を塞ぐ

音が出にくくなる。

どうしてかな?

と思い鏡を見ると歌口を唇で塞いでいる。

どうも塞いでいないと思っているのだが、徐々にフルートのキーの重さでどうも回転してしまい結果塞いでしまう。

脳が歌口の位置が正常だと判断しているのだが、実は少しづつ塞ぐ格好になってしまう。

私はこれで10年間練習してきた時間の半分は損している気がするのです。

もう一つの原因はフルートを口の方に強く押し込んでいる。

この2つが原因だと最近は気をつけています。

しかし、意識して歌口を解放しなければいつの間にか音がこもってしまい、そのうちに高い音は発音しにくくなってしまう。

是非、この状態に陥らないように気をつけていきたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック