フォーレ「コンクール用小品」伊藤公一

最近Youtubeで伊藤公一氏の演奏にはまっている。

伊藤氏の音色の柔らかさは今まで聞いたことがない気がする。

体も唇も力が一切入っていない(と思える)。

こんな音が出せたら良いな、と思い最近脱力の仕方をいろいろと模索している。

私の短所はどうしても力が入ってしまい・・・

体も力んでいれば、アンブシュアもいつの間にか唇が力んでしまい、結果音色も力んだ音になっている。

少しでも伊藤公一先生の(いや、教えを乞うてないので先生とは呼べないのですが、ここは敢えて呼ばせて頂きます)音の出し方に少しでも近づければ良いな〜と。

それにしても、自分はどれだけ力が入ってしまうのだろうと思うくらい2小節も吹くともう力が入っている。。。

是非、伊藤先生の音を聞いてください。

フォーレのmorceau de concours(コンクール用小品)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック