自宅で楽器の練習をするには(騒音問題)

ご近所に迷惑にならないように自宅で練習したい。

特に今は外出自粛なので自宅でしか練習ができません。

防音室を購入するか、部屋を防音室に変身させるべく工事を依頼するか。

それとも近所迷惑にはなるけれどこう言う時期だから我慢してもらうか。

一般住宅地で楽器練習をする時、まさか窓を開けて練習することはないと思います。

少なくとも窓は閉める。扉も閉める。

でも防音室ではないので、音が漏れる。

念のため申し上げておきますと防音室と言えども外で聞いて音が全く聞こえなくなると言うことはありません。

防音室は音量をそれだけ低減できるかがその役割のレベルなのです。

では、逆手にとって100を80や70位まで落とせないか。

例えて言うなら、100デシベル聞こえるところを80デシベルや70デシベルまで落とせないか、と言うことです。

開口部を目張りすること。出来るだけ音を通過させないようにする為には窓を二重サッシにするとかなり低減できます。

お金を掛けずに手軽に何とかできないかと、模索しています。

つまり空気層を作れば良い訳です。

それをこの週末に実験してみようと思っています。

結果は後日このブログで報告しますので、しばらくお待ちください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント