自宅で楽器の練習をするには(騒音問題)2

何はともあれ、開口部をふさぎます。

塞ぐ方法として、今回は出来るだけリーズナブルにします。

前回申しあげた通り、層を作るのですが、その層を何にするかが今回の肝です。

音は当たり前のことですが空気が振動して伝わります。

その伝播を止めたいのです。

開口があればそこから音は伝わりますので開口を塞ぐと言うはそのことです。

もう一つは音量を抑えるのが二つめのポイントです。

大きな音を下げる為に吸音材が重要です。

まずは音源に近いところは吸音材、その向こう側に遮音材を配します。

何しろ安く仕上げる為に考えました。

ただで手に入る段ボールを使います。

これを吸音材として活用します。

遮音材としては石膏ボードを使います。

石膏ボードは1枚当たり数百円で購入できます。

段ボールは貰ってくればタダです。

さて、これを使って今週末に制作をしてみますので、また報告します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント