テーマ:フルート

フォーレ「コンクール用小品」伊藤公一

最近Youtubeで伊藤公一氏の演奏にはまっている。 伊藤氏の音色の柔らかさは今まで聞いたことがない気がする。 体も唇も力が一切入っていない(と思える)。 こんな音が出せたら良いな、と思い最近脱力の仕方をいろいろと模索している。 私の短所はどうしても力が入ってしまい・・・ 体も力んでいれば、アンブシュアもい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

muramatsu PTP について

ムラマツのPTPを使い始めて3年半が経過。 PTPは総銀にプラチナメッキを施したフルート。 銀製に比べると。。。 長所は、響きが重厚、手入れが楽。 短所としては、響きがこもりがち(なので、力強い息使いをしなければならない)、メッキなのでぶつけると修復が難しい。 鳴らすには肺活量が必要かもしれません。 肺活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートと腱鞘炎

腱鞘炎 なったことがなかったのですが、ここのところ(肘から手首までの)腕が痛い 腱鞘炎っぽい感じになっている で、鍼療院に行き診てもらったら、どうも筋力が落ちて来ているらしい そう言えば数年前痛かった膝 歩いて、自転車に乗って脚力をつけたら痛みがなくなった 私自身そんな経験があるので今後は腕の筋力をつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルート、どんなものを買ったら良い?その2の3

初心者は高音のE(ミ)が出し辛いと思います。 私は最初YAMAHAだったのでEメカはついていたようです。 しかしムラマツのEXを買ったときにはEメカが選べなかった(?)ので『Eメカなし』でした。 これでかなり苦労しました。 なかなかEが出なかったからです。 でも、その苦労のお蔭で最終的には全く問題なくEメカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルート、どんなものを買ったら良い?その2

数年前(2010年の5月)に今日の標題のその1を書きました。 しかし、それから5年経過。 先日ムラマツフルートのPTPに買い換えこの楽器に慣れてきたこの頃。 初心者はどんな楽器が良いのか再度考えてみました。 私は最初YAMAHAのYFLの一番安いモデルを中学生の時に新聞配達をして稼いだお金で買いました。 (当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腹式呼吸

これがなかなか難しいものなのです。 何が難しいかと言うと、自分ではキチンと腹式呼吸をしているつもりでいたのだが、残念なことに違っていた。 お腹の下側(下腹)で支え、お腹の上の方で息を押し出すのが正しいと言うことにやっと気がついた。 でも、持続できないことにも気づいた。 あ~あ… 今まで、割と良い音色が出ると…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アンブシュアと息の吐き方

アンブシュアをいろいろと変えながらどれが良いのかずっと考えて、そして迷ってきた。 約1ヶ月半前に「吹き始めが怖い」と書いていたが、それがやっと解消しつつある。 吹き始めの自分なりのアンブシュアを決定したからだ。 ただ、修行はまだまだ先が長い。 演奏している間、自分なりのアンブシュアを持続できないのだ。 吹き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生結弦の一言

まだ二十歳位の青年が言う言葉か? と思うくらい教えられる一言だった。 「諦める、諦めないを考える前に自分は何をやるかを考える」 「いつもと同じことをやっているとマンネリ化するが、新しいことを始めると集中できる」 はぁぁぁぁぁ~~~~ ため息しか出ません。 私はいつも悩んでいるけど出来る人は何をなすべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何が問題かを考えてみる

当ブログを始めてかなりの時間が経過する。 なのに今だにかなりの問題点が目白押しだ。 何点か挙げてみると…  何しろ吹き始めが怖い  お腹の支えがいつの間にかなくなっている  アンブシュアがいまだに固まっていない  吹き上げてしまう  指の回りに不安がある  演奏中に気が逸れてしまう これらをどうすれば解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

納得しない!

松山英樹と言うゴルファーが国際試合でかなりの上位につけていると言うのを報道ステーションでやっていた。 私はゴルフには全く興味がないが、その姿勢に共感したので、少しだけ書く。 以前はどうすれば勝てるか?を考えていたらしい。 また、何とか追い上げたい!と言う気持ちがあったらしい。 しかし、上手い人からプラスになること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートの発音

先週の日曜日。 「こうすれば良いのかな?」と言う感覚が掴めそうになった翌日から仕事が忙しくなり、その感覚を確かめるのが難しくなった。 水曜日に1回それを掴むべく練習をした。 そうは言ってもこの「感覚」を自分のものにするにはなかなか簡単ではない。 私はこのブログでよい感じになった、と何度か報告しているが、それはその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタニスラフ・フィンダ演奏会

スタニスラフ・フィンダのピッコロ、フルートの演奏会を聴きに行った。 場所は藤沢のル・クラシックと言う所。 80人で一杯になるサロンと言えば良いだろうか。 このフィンダ氏ご自身がピッコロを作る方だとか・・・ 1978年~2008年までプラハ交響楽団でソロピッコロ奏者を務め、その他チェコフィルでも活躍。 この方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールデンウィーク明けて、また練習

フルートを吹くことが習慣になっているので、4日間も吹かないと精神的に落ち着かない。。。 練習は楽しいと、いつも思う。 練習は誰にも気兼ねなく出来るからかもしれない。 でも、ここ1週間位かな?思うことは・・・人に聞いてもらうことを前提としないと、と言うこと。 当たり前と言えば当たり前だが、 実は論理的に頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気付きが大切

フルートを毎日(正確には毎日ではないが)練習していると、ほとんどが悩みだったり、解決しない問題が噴出してきたりする。 例えば昨日まで吹けていた曲の高い音が出なくなったり・・・ はたまた低音が出なくなったり・・・ 中音域のD~Eが出にくかったり・・・ 高いFisが出なかったり・・・ そんな時は音楽性以前の問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表会、結果発表

よく分からないタイトルになってしまいましたが、先日の発表会を思い切ってYoutubeに上げることにしました。 2~3日前にアンブシュアが分からなくなってしまい、実は本番前にかなり緊張していました。 それまでは今年はかなり自信もあったのですが、舞台に立った途端その気合も一気に縮小。。。 ま、それよりもYoutubeに上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発表会終わり・・・

発表会が終った。 半年近く頑張ってきた集大成。 それが発表会。 とてつもない緊張感。 小澤先生が言っていたが、100%発揮できるものではない、と。 それを思い出したのは発表会が終ってからだった。 前々日から妙に緊張してしまった。 指が回るだろうか? 高い音は出るだろうか? 低い音で消…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

吹き上げない!

吹き上げない、と心に誓ったのに 後3日で発表会なのに、吹き上げる癖が出てきてしまった。 あ~どうしよう・・・ でも、あと1日ある! 頑張る! 落ち着いて、吹き上げないように、今までのことを繰り返すだけ。 それ以外考えないことにする。 発表会直前に、今までと違うことをすると体が上手く反応しない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来週発表会!

ENESCOのCantabile et Prestoが今年の私の選曲。 私にとってはかなりの難曲ではあるが、以前から演奏してみたかった曲の1つでもある。 この曲、低音のCが良く出てくる。 低音で音痩せしないようにと思い、息を多く吹こうとすると音が出ない。 息を無理に吹き込まないようにしながら響かせようとすると鳴る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

速い運指の練習

今はエネスコのカンタービレとプレストを練習していますが、運指がかなり過酷。 つまりアルペッジオがあったり18連譜の音階が出てきたり、何しろ指使いをかなり気にしなければならない。 で、速い指回しを確実にするにはどうすれば良いか? その答えは2種類ある。 まず毎日練習している人で5年以上やっている人の場合は メ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

風邪と唇

風邪を引いた。 久しぶりに咳が出る風邪で、フルートを吹けない。 単に微熱が出るとか、だるいとかではない。 今回は5日練習できなかった。 で、そうなると今まで練習できない日が長くても2日だったのが伸びた。 すると今まで気付かなかった。 唇がガサガサになっていた。 風邪薬の影響もあるかもしれないし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンブシュアの確定

変なタイトルになってしまったが・・・ 独学ではなくキチンとフルートを習い始めて6年位になる。 思えば長い時間を費やしている。 殆ど長続きしない性格だが、これだけは何故か長続きしている。 今日は彼岸の入り。 畳の目ほど日が短くなっていくことをふと思う。 日が短くなるのは何だか切ない、と言うか人生の儚さを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートの呼吸法

大袈裟なタイトルになったが、前回書いたとおりコンディションはすこぶる悪い。 今日、テレビで石原 良純が出ている番組(モーニングバードだっただろうか?すみません、はっきり記憶していません)で、腹横筋の鍛え方をやっていた。 お腹が出た中年のためにお腹を引っ込ませる方法だったと思うが、私もご他聞に漏れずお腹が出ているので少しでも引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツアルトとフルート

モーツァルトはフルートが嫌いだったとはよく聞く話である。 アルフレート・アインシュタインと言う音楽学者が述べているらしいが、これは本当なのだろうか? 今存在する色々な説があることは知っている。 例えばフルート協奏曲はオーボエ協奏曲のコピーで、フルートの音程の酷さに作曲を作る気がしなかったとか・・・ 定説は定説とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートを吹く時の重心

今日、少し感じたことを・・・ 重心と言うか呼吸と言うか、どう説明すれば良いか難しいが、吹く時の体の重心。 小澤恭子先生が良く指導する「重心を低くする」、と言うのが今日少しだけ分かった気がした。 重心を低くと言うとどうすれば良いか、と思うだろうが、上手く説明できない。 イメージすることが大切だと思うし、呼吸も肺から…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

歌口と唇の位置

フルートを吹いた後の唾(?)の後が孔の右側にいつもある。 それならと思い唇の位置を左にずらした。 ものすごく違和感がある。 でも出る音は割りと澄んだ音だった。 と言うことは今まで唇と歌口の位置がダメだったと言う事か!? 少しこのまま続けてみようと思う。 吹きながら右に左にずらしてみたが、出る場所と出な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンブシャーの固定

私の場合、練習の度に ある日は「鳴る」 そしてある時は「鳴らない」 を繰り返していました。 その都度アンブシャーを変えていました。 鳴っても鳴らなくても、アンブシャーを変えないほうが良い、小澤先生のアドバイスがありました。 それでも、私は個人的に、鳴る時のアンブシャーを私なりの標準として固定するようにしました。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルート再認識

最近、今までとは全く違う吹き方を試みている。 もちろん、小澤先生の指導なのだが・・・ 一時出来た気がしていたが、以前のブログにも書いたが、全くうまく行かなくなってしまい、途方に暮れていたのだが、少しだけ何とか持ち直して来ている。 一番問題なのが、吹き上げないこと。これは息をぶつければ良いと言う今までの考えから180度反対の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これからの目標(なでしこJAPANから学ぶべきこと)

フルートとは全く関係ないと思われるなでしこJAPANの活躍。 しかし、(特に)澤選手の最後の同点ゴールは蹴る方向を見ていないままのもの。 これは奇跡なのか、それとも技なのか? 毎日毎日欠かさない練習。 大舞台でも日常の練習成果が出せる程の集中力。 勝ちへの執念。 そしてこの女子ワールドカップを楽しむ心理。 他にもたくさ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

姿勢

フルートを吹く時の姿勢。 かなり重要ですが、私は姿勢が悪いので矯正をしている最中です。 下を向いて吹くのはあまり格好よくはありません。。。 (人それぞれですから一概に言うことはできませんが・・・) 最近、自分が吹いている姿を見ながら思うことですが、正直格好悪いです。 そう言うことで矯正をしているのです。 以前、吉…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

いろいろと課題山積・・・ 最近、また音が鳴らない。 試行錯誤を繰り返して、ようやく2週間ぶりくらいに音が出るようになった。 なんで、こうも音が安定しないのか自分でも情けない。。。 一旦、音がかなり楽に出るようになって、「しばらくはこれで良いだろう」と思っていたのですが、どっこいなかなかその音を安定的に発する持続力がなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more