テーマ:フルートレッスン

テンポ

テンポ感が悪いのか、リズム感が悪いのか・・・ 今日は拍子の裏を感じることを注意されました。 裏を感じていないので、伸びた音の時に走ってしまう。 従って、これがアンサンブルの場合、他の人より先に出てしまう。 例えば4/4として、8分音符が4つ並んで4分音符が2つ並んだとすると4分音符の時に裏拍を感じないで進むと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメントに感謝!(1)

「みな」さんコメント有難うございます。 少しでもお役に立てたら幸です。 ホームページにある、と書かれていたレッスン室が借りられる、と言うのは知りませんでした。 ちなみに私は街のスタジオに個人練習として1時間やく800円で借りています。 とあるクラリネットの先生と話をする機会がありました。 たしか音大で教えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音の出し方

フルートレッスンを始めて約5年半。 やっと音の出し方が分かり始めた気がする。 思えば毎日毎日牛歩どころか蝸牛の歩みの如く遅々として思うようには進まなかった。 長くて短い5年だと思う。 こう書くとフルートをやめるような書き方だが、そうではない。 かなりの間、無駄な時間を過ごしたのかもしれない。 これはネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッスンの意義

以前書いたとも思いますが、再度認識したことを1つ。 タンギングにもいろいろな種類があると思いますが、私が一番苦手だったのは・・・ Kのタンギング。 これを続けて素早くKKKKKKKと出来なかったのですが、小澤先生はいとも簡単に出来る。 プロだから当たり前、と言えばそれまでだが、その後、こうして、ああして、と指導を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小澤恭子と言う先生

毎回のレッスンで、新たな発見をさせてくれる先生なのです。 前回は「息を止める」と言うお題(?)で話をして頂きました。 私は『え!?』と叫び! そして頭の中が『???』で一杯になりました。 ある本(もちろんフルートを練習する為のもの)の中から一節を引用して説明をして頂いたのですが・・・ なぜ、フルートを吹こうとしているの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

お腹の支え

なんと大晦日から喉の痛みに襲われてしまいまして・・・ しかし、熱はそれほどではなかったので普通に生活をしていましたが、やはり2日の朝、気力がなくなり午前中は寝ていました。 もちろん、朝のお雑煮は食べてから寝ましたが・・・ 結局午後になって少しフルートを吹き1時間くらいはやったでしょうか。。。 小澤先生からお腹の支えを言わ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

レッスンの先生について

迷路にはまった笛吹きさんからコメントを頂いたので、少し考えてみました。 レッスン。 確かに先生によって、指導方法も違うし、第一に方針が違っていたらその後のレッスンが生きるケースとそうでないケースがあるはずです。 幸いなことに私は現在のところフルートのレッスンに関しては時間を潰していると言う感覚はない。 ただし、人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

フルート初心者へ!一番悪い練習方法

フルートを再開した時は以前も話したように、高い音が出ない、低い音も出ない、と言うひどい状況でした。 それで、レッスンに行き始めたのですが、 清木ナツキ先生に一番最初に言われたのが、ピアニッシモでの練習禁止でした。 家での練習は近所に迷惑にならないように、非常に小さな音を出して練習していたのですが これは練習ではなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートレッスンへの道その3(続編)

変なタイトルになってしまいましたが、その3を読み返してみて、ちょっと自分でも分かりにくいと思ったので、修正版です。 「清木先生の洞察力」と書いたと思うのですが・・・ 何だったっけ?と自分でも思ってしまいました・・・ で、その説明。 私は非常に緊張するタイプです。 発表会でも必要以上に(?)緊張していましたし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートレッスンへの道 その3

今日、清木ナツキ先生のフルートのレッスンを受けました。 エチュードを吹き終わってから指摘を受けました。 その指摘されたポイントが全くズバリだったのです。 ショック! でも、これ以上の収穫はない!と思ったくらいです。 長い間その改善すべき点を、改善点だと気づかなかったから。 頭では理解していたはずなのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートレッスンへの道 その1

前回フルート上達への近道は先生につくことだ、と書きました。 正直なところ、これから書くことについて、書くかやめようか迷ったのです。 それは自分の恥をさらすことになる、からなのです。 でも思い切ってその辺から書くことにしました。 フルートのレッスンを受けようと思った時は、私の状態は最悪でした。 高い音が出ない。低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more