テーマ:ジェームス・ゴールウェイ

ゴルウェイの英雄

ベートヴェンの交響曲第3番「英雄」 ゴールウェイが吹いているCDはないか? 探してみた。 ベルリンフィルでの演奏。 勿論、カラヤン指揮で演奏はしているのだが、殆どがライブ。 その音源が欲しいな、とは思うのだが、なかなかない。 CDで唯一あるのはラファエル・クーベリックの指揮のもの。 1971年1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールウェイ、ロンドン交響楽団での映像

先日、ゴールウェイのコンサートに錦糸町に行ってきた。 70歳を過ぎてもなお衰えないエネルギーは尊敬に価する。 そのゴールウェイ、1976年、ベルリンフィルを退団する時にカラヤンをふった男として有名になったことはゴールウェイファンならご存知だろう。 カール=ハインツ・ツェラーがベルリンフィルを退団するその代わりとしてゴー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンフィル木管五重奏団

ここ1ヶ月前からダンツィの木管五重奏曲のCDを探していた。 それもベルリンフィルの黄金期の木管セクションのメンバーが奏でるもの。 いろいろ調べると、ロングセールスではなく、限定販売だったようなのだ。 ゴールウェイの「Ich war ein berkiener」と言うアルバムにはその一部がある。 全体を聴いてみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラマツフルートSRを試奏してみる!

レッスンの前にSRを借り、レッスン室で小澤先生の下吹き比べてみた。 昔のお腹を使わないいい加減な吹き方の時はその違いは分からなかったと思う。 しかし、今は「吹きすぎ」でもお腹を使って吹くことを(まだ完全ではないが)覚え、その吹き方で吹いてみると・・・ 音の響き方が違う、と思った。 EXは吹き込むと「これ以上無理だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラマツフルートEXとSR

ムラマツフルートレッスンセンターに通い始めて足掛け6年。 もう少し早くから通っていればよかったとさえ思う。 通い始めとは音の出し方が全く違う今、総銀製のモデルSRを借りてみた。 レッスンセンターで生徒に貸し出しをしている。 私が持っているのはEXモデルのH足部管仕様。 頭部は銀製だが本体は洋銀製。 ム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルートの発音

先週の日曜日。 「こうすれば良いのかな?」と言う感覚が掴めそうになった翌日から仕事が忙しくなり、その感覚を確かめるのが難しくなった。 水曜日に1回それを掴むべく練習をした。 そうは言ってもこの「感覚」を自分のものにするにはなかなか簡単ではない。 私はこのブログでよい感じになった、と何度か報告しているが、それはその…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームス・ゴールウェイのコンサートinサントリーホール2011

フォーレのファンタジー ドビュッシーの小舟にて、月の光 この3曲で十分なほどに思えました。 席は悪かった。。。 1階の一番奥。 2階席がせり出しているその下。 音の広がりがない、と言うかデッドスペースだと感じた。 これでA席はちょっとひどいな、と思ったが、ま、仕方がない、と諦めた。 ゴールウェイの音はそんな場所で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルート、どんなものを買ったら良い?

まだフルートを持っていない人への私なりのアドバイスを・・・ できれば、通販での超激安のフルートは買わないほうが良いと思います。 (ちょっとやってみるだけだから。。。と言う場合は話しが別ですが・・・) 本格的にフルートをやろう!と思うのであれば、是非専門店に行って下さい。 そして吹いてみて、自分と肌が合うものを選ぶのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平山恵(ひらやまけい)フルートリサイタル

平山恵さん(以下敬称略)、と検索するとバレーボールの選手が表示されます。 あまりスポーツに興味がないので、正直誰だか分かりません・・・ 私が今回採り上げるのはフルーティストの平山恵。 それはそれはまだ私のフルートが酷い音の時に一度教えて頂いた先生であります。 接し方もナチュラルで何とも言えない良い感じの方です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールウェイ16本のフルートデモンストレーションの曲名

ゴールウェイが16本のフルートでデモンストレーションで演奏している曲名です。 この16本のフルートの中にはムラマツのEXから総銀製、9金~24金のフルートまであります。 合計すると一体いくらになるんだろう??と下世話な勘ぐりは抜きにして、ゴールウェイが吹いているのだから、金と銀ではかなり音が違うんだろうと思いきやさにあらず。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームズ・ゴールウェイのすごさを痛感!/バンドジャーナルから

バンドジャーナルにゴールウェイへのインタビューが載っていました。 びっくりしました。 「私は毎日数時間は必ずフルートを吹いている」 脳科学者がテレビで言っていた、1万時間練習すれば天才になる(!?)と。 大雑把に考えて1日3時間×365日=1,095時間(1年間毎日3時間練習した場合) これを10年間続けた場合約1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールウェイ・コンサートinサントリーホール(10月13日)

サー・ジェームズ・ゴールウェイも70歳ですか・・・ まだまだ現役ではありますが、私も歳を取っているんだから、当然でしょうか・・・ それにしても、あの音色は素晴らしい、の一言。 独特な音色。独特なビブラート。確実なピッチ。素晴らしい表現。 確か20年以上前。 やはりサントリーホールでゴールウェイのフルートを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールウェイの「田園」と「英雄の生涯」

昨日タワーレコードに行きました。 思わず衝動買いしてしまったのが、カラヤン指揮ベルリンフィルのロンドン、ロイヤルフェスティバルホールで収録されたライブ録音のCD! 録音年月日は1972年5月16日 この年月を言えば、もうお分かりでしょう。 ジェームス・ゴールウェイが奏でるフルートが存分に聴けるのです。 76…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゴールウェイが絶賛のフルーティスト(Raffaele Trevisani)

Raffaele Trevisani(ラファエレ トレヴィザニと読んでおきます)はジェームズゴールウェイのホームページで知ったのですが、綺麗な音色だと思います。 もちろん、インターネット上の音しか聴いたことがないので確かなことは言えませんが、ゴールウェイの音に似ている気がします。 並んで演奏しているのが以下のURLから観られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

え!? ゴールウェイが銀のフルートを吹いている!?

まずはこの画像をご覧下さい。 今まで金のフルートを吹いているところしか見たことないのですが・・・ もしかすると銀ではなく、プラチナかもしれません。 ちなみにムラマツフルートのプラチナのお値段は「キー」が銀の場合H足部管で700万円超・・・ 以前にもこのブログでお話ししたとおりですが、録画などでは、銀な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nina Perlove フルートの発音方法

音の出し方について話します。 今日はニーナ・ペロワ(Nina Perlove)(日本語読みで間違っていたらごめんなさい)の音の作り方をまずはご覧下さい。 考えてみれば当たり前ですが、他の木管楽器(サックスフォン含む)のようにリードを持っていません。 例えばクラリネットならシングルリード。このリードが鳴るので、それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームスゴールウェイにも師事した清木ナツキからの助言

何故フルートが難しいかという説明の前に誤解を取り払わなくてはなりません。 少しでも、と言うか、少ししかフルートをやったことのない、特に独学の人は必ずこう言います。 「フルート?簡単だよ!」と。 しかし、音色を追求して吹いている人は 「フルートは難しい!」と言うと思います。 勿論、稀にすんなりと良い音が出る人もいるで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジェームス・ゴールウェイ16本のフルートのデモンストレーション

ジェームスゴールウェイのフルートは素晴らしい、と思う人は多いと思います。 ならば、ゴールウェイが使っているフルートにすれば、 つまり金のフルートにすれば、あの素晴らしい音色が出せる! と勘違いしている人は意外と多いのではないだろうか。 自分の音色は悪い=あまり良いフルートではないから 上の公式は×であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more