ジェームズ・ゴールウェイのすごさを痛感!/バンドジャーナルから

バンドジャーナルにゴールウェイへのインタビューが載っていました。

びっくりしました。

「私は毎日数時間は必ずフルートを吹いている」

脳科学者がテレビで言っていた、1万時間練習すれば天才になる(!?)と。
大雑把に考えて1日3時間×365日=1,095時間(1年間毎日3時間練習した場合)
これを10年間続けた場合約10,000時間になります。

10,000時間と言う時間は本当に貴重な時間なのだと思います。
特に社会人には練習の時間がないですよね。
一日1時間ですら難しいときがあります。

全くの素人が練習する場合と、プロのレッスンを受けながら練習する場合と、プロのフルーティストでも目標でもあろうゴールウェイがする練習は基本的に質が違うのです。

しかし!ゴールウェイは「私は毎日アンブシャーの研究をしている」と言っていたことを思い出して、あの音色なのにさらに毎日研究を続けている、そして毎日欠かさず練習している。その姿勢には脱帽でもありますし、畏敬の念を抱かずにはおれません。

だからこそゴールウェイの音色が輝き続けるのかもしれません。
(もちろん、単に練習だけではないものがあると思います)

その他にも「へ~」と言うようなことが載っていました。


Band Journal (バンドジャーナル) 2010年 05月号 [雑誌]
音楽之友社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック