小澤恭子と言う先生

毎回のレッスンで、新たな発見をさせてくれる先生なのです。

前回は「息を止める」と言うお題(?)で話をして頂きました。

私は『え!?』と叫び!
そして頭の中が『???』で一杯になりました。
ある本(もちろんフルートを練習する為のもの)の中から一節を引用して説明をして頂いたのですが・・・
なぜ、フルートを吹こうとしているのに、息を止めることを勧めるのか?
全く理解できませんでした。

しかし、先生の言葉を繋げ、そしていつも言われていることを思い出し、レッスンでのメモを見ながら自分一人で練習している時に「は!」としてもしかすると小澤先生の教えようとしたことはこれか!?と思ったことがあるのです。

しかし、それは・・・
実は私の頭の中が『???」となったように言葉ではうまく説明できないことなのです。

でもそんな言葉の壁を越えて小澤先生は教えてくれようとするのです。
説明をしている時は何を言わんとしているかを私も真剣に探ります。
でも、その時は分からないこともあります。
それが数日とか一週間、はたまた一ヶ月経った時に分かる瞬間があるのです。
その時この人はスゴイ!と思うのです。
そんな時、時を隔てて意思疎通が出来た感覚になるのです。
これがなかなか体験できない、不思議なことなのです。。。

先生はまだ若いと思います。
でも、信念があるのです。
自分の信じたことを伝えようとするその気持ちはひしひしと伝わります。
穏やかな方なのですよ。

今日はちょっと褒め過ぎましたかねぇ・・・
でも感謝しているのです。

この記事へのコメント

笛吉
2011年06月05日 15:10
はじめまして。
Mレッスンセンターには優秀な講師陣が揃っていますね。
小澤先生もお若いながら素晴らしい方のようですね!
私も以前新宿教室でS先生に師事していました。
論理的且つ実践的に問題点をズバリと解決して下さり、目から鱗がドッサリ落ちる感覚でした。
それに何より先生の流麗多彩な音色を直近で聴けるだけで、毎回もう鳥肌モノでした!
残念ながらレッスンを続ける事が出来なくなってしまいましたが、今でも素晴らしい音色を忘れられません。
2011年06月07日 22:57
コメントありがとうございます。
私は以前、先生がお休みの時代わりに教えてくれた先生を入れるとお世話になった先生は7、8人の方からご教授頂いたのですが、考えてみれば笛吉さんのおっしゃる通り贅沢なことですよね。
これを機にもう少し有り難さを噛み締めながらレッスンを受けます。^^;

この記事へのトラックバック