課題1

発表会を終え、自分の演奏をCDRで聴いた。

正直上手とは言えない。

1つ大きな課題が出来た。

それはブレス。

ブレス。それは息を吸って吐くこと。

その単純なことが出来ない。

出来ないのではない。

出来るように日々自分に言い聞かせている。

体が自然に覚えてくれる。

そうなるまで日々の努力。

自分は発音する前に息を止める癖があるようで、それをまずは解消するようにしたい。

これは清木先生も小澤先生からも指摘されたことなのです。。。

つまり5年以上その癖が治らないのですね。

清木先生のころは、その癖以外にも直さなくてはならないことが山ほどあり、それどころではなかったのです。

小澤先生になって、何しろ体の力を抜く(脱力する)ことを第一の課題として数年やってきて、脱力も少しは出来るようになってくると(まだ完全ではない)どうしても改善しなければならない課題になってきたのです。

吸って吐くと言う一連の運動が出来ると、音は良くなるのは事実。

口先だけで吹くと音質は悪化する。

今はこれをどうすれば常に出来るようになるか(意識から潜在意識へ)を訓練中。

今日、木管五重奏の練習をしたのだが、一番大きな成果は、緊張感が取れたこと。

すると音楽の表現も出来るようになる。

しかし、やはり息を止めて吹き始めたり、口先だけで吹くように戻ってしまうと音がしぼむ。

今はこれを克服することが最大の課題。

何年かかるか分からないけど、まずは根気良く続けるようにしたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック