息の方向を考える

レッスンで今まで学んだことを最近見直しながらフルートを練習している。

よく言われると思うが、熱い紅茶を冷ますような吹き方がちょうど良いと言うこと。

最近、自分もそう思うようになった。

しかし、私の吹き方の癖で、大きな音を鳴らそうと吹き過ぎる。

これを改善してそっと吹くように直している。

最初の10分間は、この「そっと」吹くことができるようだ。

ようだ、とは他人事のような言い方だが、しかし、しばらくすると昔の悪い癖の吹き方に戻っていることがある。

何とか戻そうとする。

吹き方を変えてみる。

すると音質が変化する。

特に意識しているのは、小澤先生に言われ続けてきた、吹く直前に息を止める癖を極力出さないようにしている。

それと同時に吉岡先生にも(もちろん小澤先生にはずっと)言われた息のスピードを上げる。

これを同時進行できるように心がけている。

しかし、この同時進行がなかなか出来ない。

出来ると音質は良くなった感じがする。

口の中を吹く時にイメージしながら、肺から上がってきた息を口蓋の方に通すようにして吐き出す。

そんな、試行錯誤をしているのだが、その息の方向を変えることによって音質が変わる。

それを今はある意味楽しんでいる。

昔よりはフルートの音を出す時の怖さがなくなったが、実はまだある。

つまりいつ何時に音を出してもいつも一定の音が鳴る、と言うことがまだ出来ない。

何とか、このプロの領域に近づきたいと思う。

まだまだ練習が必要だなあ。。。

この記事へのコメント

みな
2012年04月16日 13:28
初めまして
 はるか昔にフルートをやったことがありました。時間が少し出来、またやってみようかと思いいろいろな方のブログを読ませていただきました。新宿のムラマツのレッスンセンターに通われていらっしゃるのですか?それほど遠くないので、不躾ながらいくつか教えていただけたらとコメント入れさせていただきました。すみません。
・先生は選べるのでしょうか。
・ホームぺージを見ると待合室のようなところで順番を 待っていらっしゃるようですが、音はそこまで聞こえ ているのですか。
・教本は例えばピアノならバイエル、ブルグミューラ  ー、チェルニー、ソナチネ、ソナタとかというように 進むところが多いですが、フルートの場合は、今まで どういう教本で進まれましたか?
・発表会は絶対出なければいけないのですか。
・自分の都合でお休みするときは振替がききますか。

初めての方に本当にいろいろお伺いして申し訳ございません。よろしくお願いいたします。
2012年04月17日 00:17
みなさん
コメント有難うございます。
回答はブログに記載しましたので読んでみて下さい。
(題材を提供して頂き感謝致します)

この記事へのトラックバック