ムラマツでのレッスンについて

前のブログにコメントを頂きました「みな」さんの質問にお答えします。

ただし、私の感覚でお話ししますので、レッスンセンターの考え方と異なる場合があることをご了承下さい。

では、「みな」さんの質問そしてその回答を・・・

・先生は選べるのでしょうか。
 空きがあれば選べますが、ないと難しいかもしれません。
 空きを待つことはできると思いますが、いつになるかは分からないとおもいます。

・ホームぺージを見ると待合室のようなところで順番を 待っていらっしゃるようですが、音はそこまで聞こえ ているのですか。
 基本的にレッスンの部屋は防音室です。
 聞こえてくる音も僅かですし、誰の音かは分からないと思います。
 ああり気にしない方が良いと思います。

・教本は例えばピアノならバイエル、ブルグミューラ  ー、チェルニー、ソナチネ、ソナタとかというように 進むところが多いですが、フルートの場合は、今まで どういう教本で進まれましたか?
 私はアルテで進めました。

・発表会は絶対出なければいけないのですか。
 強制ではありません。やりたくなければ出なくても大丈夫だと思います。
 (私も最初は嫌だったのですが、発表の場を重ねることで、自分の欠点や良いところを見出せるし、自信にも繋 
 がると思います。)

・自分の都合でお休みするときは振替がききますか。
 多分ダメだと思います。(これはレッスンセンターの方にお問い合わせ下さい)

私は25年以上フルートに触っていませんでした。
とある吹奏楽団(もちろんアマチュア)に誘われ入団しましたが、音が小さくて悩んでいましたし、音質も録音して初めて「ひどい・・・」と思ったのですね。

それでレッスンに行こう!と決心したわけです。

25年触っていなかったと書きましたが、実は年に1~2回程度は楽器を取り出して吹いていました。
アパート住まいだったので、ものすごく小さな音で吹いていました。
これが後々ものすごく悪影響を及ぼしていたことが発覚したのが、入団後のことでした。

近所に気を使うあまり小さな音で吹く。それは唇に過度に力を入れて一番悪いアンブシャーを創り上げる結果となったのです。

レッスンに通い始めて目標は3年で自分の理想の音にならなかったら辞めようと思っていました。
3年後、かなり改善してはいたものの、理想の音ではありませんでした。
しかし、音質の改善は確実にあり、それと同時に(それが出来るようになると)表情が作れるようになったのです。
そうなると、もう少し続けてみよう!と思いました。

吹き方、立ち方、お腹の使い方、息の量や方向や出し方、タンギング、アンブシャー、歌口と唇の角度、フルートの持ち方などなど、あらゆることを教えてくれる筈です。

学生時代。
私はフルート位独学で何とかなる、と思っていました。
しかし、エアリードであるフルートは実はリード楽器よりも発音が難しいのだと今は思っています。
学生時代からレッスンを受けていたら、かなり成長していただろうと思うと残念でなりません。

そうはいっても、今、こうやってレッスンを受け進化しています。
それだけでも良し、としなければなりません。

私は村松楽器の者でもレッスンセンターの者でもありません。
詳細については直接聞いて下さいね。

体験レッスンを受けてみて下さい。
体験レッスンもあります。(有料ですが、普通のレッスン代より安いと記憶しています)
私はそれで決めました。

以上個人の感想でした。。。

この記事へのコメント

みな
2012年04月17日 08:49
早速にご丁寧なご返答に感謝です。
もうわくわくしながら読み進めました。
確かに私も社宅住まいで、音がとても気になります。楽器の音って好きな人には気にならなくてもそうでない人には耐えがたく感じられますものね。
ホームページにはレッスン室が借りられるそうですのでそれで解決できればよいのですが。
ジョニーさんも25年の空白を乗り越えて現在があることを知って勇気づけられました。お尋ねして本当に良かったです。
有難うございます。私も頑張ってみます。
ねじまきどり
2012年04月17日 22:02
私も長いブランクを経てフルートを再開し、ごくごく最近から、Mレッスンセンターに通い始めた者です。本当に熱心に教えてくださる先生と出会えて、今はフルートを吹くことが楽しくて仕方ありません。
でも、学習を継続していくのは大変なことだと思いますし、この努力を5年も続けていらっしゃるジョニーさんを尊敬しています。
レッスン記録のブログを拝見するのを楽しみにしておりますので、これからもよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック