音質の問題

1週間吹かなかったことがかなり影響しているよう。

音が悪くなったと思っていた。

自分なりに改善する方向に努力はしたものの、何だか脱出できずにレッスンの日になった。

練習不足は否めない。

小澤先生の指摘が入った!

唇を引きすぎ。とのこと。

あ!

そう言えば、何だか口が堅くなっている気がしていた。

これが自分ではなかなか分からない部分。

しかしそうそう簡単に回復は出来ないのだ。

かなり引きを弱くしてみたが癖が抜けない。

翌日スタジオに入り引かない(つまり脱力をする)ことをしばし練習した。

少しは良くなるが、吹いているうちにまた引き気味になってしまう、ということの繰り返しだった。

アンブシャーを整えることってこんなに難しいのだなあ、とつくづく思った。

加えて口内炎ができてかなり痛い。。。。

こりゃ2,3日はかかりそうだ~

と言いながら、今日は仕事が押してしまって練習の時間が取れなかったので、ホイッスルサウンドの練習を10分ほどした。(※ペーター・ルーカス・グラーフ著の"Check Up"参照)

ま~出来ないね。これ。でも頑張って少しは音がするようになった!(今日の成果だ!)

アンブシャーを確立するときに思ったことは、唇の脱力と唇の端の引き締め。

自分としてはかなり矛盾している感じに思えていたが、先生の言う通りにやってみてはじめてその微妙な感覚を理解した。

何事も中庸が肝心、と言ったところだろうか。

脱力を言われ続けていて、ある日突然「はい、唇を横に引いて」と言われ「でも力は入れない」とか言いながら「支えとしての力は必要」などと言われた日にゃ、一体ど~すりゃ良いの?となる

そんなこんなでやっと自分のアンブシャーを確立しつつあるところである。

実に5年の歳月を要しているが、あくまで『しつつある』と言う過程段階なのである。

先は長いぞ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック