フルートの呼吸法

大袈裟なタイトルになったが、前回書いたとおりコンディションはすこぶる悪い。

今日、テレビで石原 良純が出ている番組(モーニングバードだっただろうか?すみません、はっきり記憶していません)で、腹横筋の鍛え方をやっていた。

お腹が出た中年のためにお腹を引っ込ませる方法だったと思うが、私もご他聞に漏れずお腹が出ているので少しでも引っ込まそうと少しやってみた。

ところが、これが意外にフルートの呼吸の支えになるのではないかと思ったのである。

立ったまま息を吐く。
吐ききったら30秒そのままを維持する。
緩める。

これだけ。

で、吐くときに全ての息を吐ききる。

その後のお腹の筋肉の使い方がフルートのブレスに使えると思い、これを覚えて練習に向かった。

思わぬところでの収穫で、これが予想以上に功を奏してくれ高音も比較的出しやすかったし、昨日書いた跳躍も八割方成功した。

よし!少し前に進めたぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック