来週発表会!

ENESCOのCantabile et Prestoが今年の私の選曲。

私にとってはかなりの難曲ではあるが、以前から演奏してみたかった曲の1つでもある。

この曲、低音のCが良く出てくる。

低音で音痩せしないようにと思い、息を多く吹こうとすると音が出ない。

息を無理に吹き込まないようにしながら響かせようとすると鳴ることがある。

全部が全部ではないが、鳴らないこともある。

すると気が焦る。

しかし、鳴らないものは鳴らない。

アンブシュアを気をつけ、腹式で息を吐くことを気をつけ、且つ吹きすぎないように注意を払う。

鳴らそうと思うと鳴らず、ある程度どっしり構えて音楽を表現しようとする方が鳴る気がする。

音程も気をつけなければならないのだが、取り敢えずは音を低音から高音まで、さらに言うなら肝心の中音のDとかEsを鳴らすところもある。

泣いても笑っても来週本番!

気負いすぎずに頑張ります!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック