ムラマツフルートPTPを試奏してみる!2

折角借りたので毎日吹くようにしている。

その少ない日数の中で感じたことを少し・・・

管本体が洋銀か総銀か(PTPはこの総銀にプラチナメッキ)で鳴りが違うことは間違いない。

ただし

少し重いかな・・・

音質としては暗さがあると言えるが、表現を変えれば重厚感がある音とも言える。

キチンと鳴らせば遠鳴りするだろうと思う。

吹き込まなければいけない。

詰まり、初心者が吹くと持て余すと思える。

自分は体が大きい方で、小澤先生に吹き過ぎ(EXでは)と言われていたからもしかするとちょうど良いかもしれない。

体格、肺活量などによって楽器を選ばなければならない。

だから自分が再開した時にEXを選んだのは正解だったと思う。

たしかムラマツのカタログには9金のフルートは女性でも発音が良い、と言うようなコメントがあったと思う。

少ない息で良く鳴るものと、強く正確な息でないと鳴らないものとがあるらしい。

それから、ある程度の時間、楽器を吹いていると自分の鳴らしやすい楽器になる、とは中学生の頃聞いたことがある。

今PTPを吹いて「良い楽器」とは思うが、自分のEXに戻ると吹きやすいと思う。

ゴールウェイの16本のフルートの吹き比べをよ~く聞いてみると8本目のフルートがひときわ「鳴り」が良いことに気付く。

これは長い間愛用し吹き込んできた結果だと思う。

楽器は製作された後、吹き手によってさらに磨きがかけられるのだと思う。

さて。。。

SRかPTPかもう一ランク上のSRPTPか・・・

今日は夢の中で試奏してみようっと!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

みな
2013年07月02日 13:25
こんにちは

 しばらくです。フルートの買い替えを考えていらっしゃるのですね。私もちょうど1年前にEXからDSに買い替えました。いろいろ試奏してみましたが、私の場合、腰痛持ちなのであまり重いのがダメで総銀ということで、DSを選びました。音的には、SRの音は張りがありいかにもフルートらしい音で好きでしたが、私には重過ぎました。

 ただプロになるのではなければ、100万以上の楽器が必要なのかなと思います。と言いますのは、知り合いが500万位するゴールドを使ってますが、先生がムラマツの総銀で吹いた方が全然いい音です。何より技術の差であることが歴然でした。

2013年07月02日 23:30
みなさん、お久しぶりです。

仰るとおりだと思います。
良い楽器を持てば良い音が鳴るという幻想を多数の方々が持っていると思います。
最初私もその一人でした。
その後、音は技術の差が大きいと判断しました。

実際ゴールウェイの16本のフルートの吹き比べも聞き分けるのは難しいとブログで以前書きました。
ただし、みなさんも吹き比べて分かっていらっしゃると思いますが、生の音だと違いがはっきりします。
私はつい最近までこれが分かっていなかったのです。
吹いた感覚、鳴る感覚、響きの感覚、は実際に吹いてみないと分かりません。

私も自分の楽器を難なく吹きこなすことが出来るようになったらグレードアップしようと思っていました。
ただ、自分の体格、肺活量や吹き方を考慮するともうそろそろ買い替えの次期かな、とは思っています。

楽器のポテンシャルと言うものもあるのだと分かったことも確かです。
まだ、買い替えるとはっきりとは決めていませんが、次の楽器のめぼしはつけたいと思っています。
それも楽しみの一つですからね・・・

それにしてもフルートは高いですよね~

この記事へのトラックバック