開いた音、閉じた音

昔、木村拓也が開いてる奴、閉じてる奴、のような事を言っていたコマーシャルがあったが、急にそれを思い出した。

自分でフルートを吹いている時、詰まった音と言うか、鳴っていない音と言うか、くすんだ音とでも言うべきか。。。

そんな音の時と、非常に明るく、楽器自体が共鳴しているような音の時もある。

今日、練習していた時がまさにこれで、姿勢が悪くなり、口内が小さくなっている時にこもったような音になる。

これを閉じた音と言えると思う。

しかし、これを修正し、姿勢を良くし、口内を大きくし、アンブシュア等も整った時に明るい音になる。

前述に対してこれは開いた音と言えると思う。

何が言いたいかと言うと、腹式呼吸に影響があるのが姿勢。

顔が下方向を向き(本人はそれほどとは思っていない)、肺を圧迫するような姿勢は、必然的に空気を出す仕事を阻害する。

すると、いつのまにか、口先だけでコントロールするようになる。(※口先だけ、と言うのは横隔膜を使わないような息の吐き方を言う)

加えてフルートをどうしても内回し気味になってしまう。

これは姿勢とも関係しているし、且つ、高音を出す時に無意識に内側に回している事が多い。

今はできる限り「開いた音」を出し続ける事が課題である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック