喉を開く

最近気づいたことだが、練習している途中、姿勢が悪くなる。

特に頭を前に倒してしまう癖がある。

これで、音質が悪化する。

今までは、この音質の悪化は単にアンブシュアが崩れたからだと思っていたが、そうではなく、姿勢が崩れていた。

その結果、喉を圧迫してしまい、息の流れがスムーズではなくなり音質の悪化を招く。

姿勢は先生にも注意されていたが、見た目にも悪く良いことは殆どない。

特に喉を開けるようにするには顔を上げ、胸を張り、姿勢を良くすることで息の通りが良くなり、音質の向上が期待できる。

今日も途中で音が悪くなった。

スタジオだったので、鏡を見ながら練習していると、かなり前のめりになっていたことが改めて分かった。

皆さんも是非、姿勢を気にして練習してみてはいかがだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック