秋の夜長に何を聴く?「TRIOの夕べ(野崎和宏と仲間達)」

ムラマツレッスンセンターでレッスンを待っている時にお会いする野崎先生。

いつもにこやかで優しそうな先生なのです。

ムラマツレッスンセンターの講師による演奏会に過去2(3だったかな?)回行ったことがあります。

その時に野崎先生の演奏を拝聴して、ファンになったのでした。

私が理想とするフルートの音は限りなく吹く時の風切り音と言うかノイズと言うかシューと言う雑音は極力排除したいと思っていますが…なかなか…

ゴールウェイのベルリンフィルでの音が一番の理想の音と思っています。

最近で思うのは1973年10月27日のNHKホールでのドボルザークの8番でしょうか。

軽い音だけど芯があってホール全体に響き渡る音は筆舌に尽くし難いのです。

ただし、個々人によって音質は必ず違うので、必ずしもゴールウェイの音が目標とは最近は思わなくなってきているのは少し成長したのかもしれませんが…

いずれにしてもノイズはない方が私は良いと思っていますが、野崎先生の音は目標とする音質なのです。

ただ、野崎先生の演奏会に行きたくてもなかなか機会がなくてやっと積年の思いがやっと実現するわけです。

これはフルート愛好家にとっては必聴だと思いますよ。

日時 2016年11月24日(木) 開場18:30 開演19:00
場所 JTアートホールアフィニス(虎ノ門JTビル2階)

野崎先生、チェロの金木博幸氏、ピアノの長尾洋史氏によるトリオの夕べ。

ラモー、ダマーズ、ヴィラ=ロボス、フンメル、メンデルスゾーンの曲

野崎先生の演奏会に是非行ってみてください。なかなかないチャンスです。

野崎和宏氏をご存じない方は特にオススメです。ファンになること間違い無しですから。

お問い合わせは村松楽器へ 電話03-3367-6000

画像

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック