テーマ:フルーティスト

フルーティストと扁桃腺 その6

退院後、フルートを吹いてみました・・・ 1日め・・・喉が痛くて3分で断念 2日め・・・痛いのを我慢しながら10分程度でしょうか。 3日め・・・吹かず 4日め・・・30分位吹けたのですが、まだ、痛さを鎮痛剤で抑えている状態ですので、また痛くなります。 吹ける時間は徐々に増えますが、退院して1週間後、ある程度吹けるようにな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フルーティストと扁桃腺 その5

術後2日め。 3分粥になりました。 「ご飯粒が入っている。しかもおかずも歯ごたえのあるものが入っている!感激!」 とは言えまだ、みじん切り状態のおかずです。それにしても、美味しく感じられるのです。 喉の痛さはあまり変わりなく、飲み込むのに非常に苦労します。 術後3日め。 5分粥になりました。 か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルーティストと扁桃腺 その4

久しぶりの朝食! しかし、それは流動食・・・ 手術前の説明には聞いていたのですが、いざ目の前に来ると、なんとも例えようのない虚しさ・・・ 昔、小学生の頃図工の時間に使っていた糊をお湯で溶いたような感じのお粥(?)と具が全くない味噌汁。 お腹が空いている私はそれでも美味しく頂きました。 ただ・・・当然のことな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルーティストと扁桃腺 その3

長い夜・・・ 寝返り打つ度・・・局部が痛い・・・ なので、寝返りを打ちたくない・・・ でも、仰向けで寝ると、別の問題が・・・ 鼻から息は吸える・・・しかし・・・鼻から息が出ない・・・ それはどうも、喉ちんこが腫れていて息を出そうとすると「弁」の役割を果たし吐く時上手い具合に息を止めてくれるのです。 と言うこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルーティストと扁桃腺その2

午前0時から絶食、絶飲が始まりました。 もちろん病院は早い消灯なので、既に眠りについています。 6時起床。 8時の朝食はありません。 点滴が始まります。 9時頃。 お腹がすきます。 12時の昼食もありません。 さらにお腹は減ります。 しかし、点滴のお陰で空腹もそれほどひどくはありません。 14時手術開始、と言われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルーティストと扁桃腺

私事ですみませんが、扁桃腺を除去する手術をしました。 熱を出しやすい私は1ヶ月に1回熱を出すようになってしまい、結果、原因は扁桃腺で、これを除去してしまおう、と言う話しになったのです。 ではフルーティストにとってどれ位の期間吹けないのか・・・ 今回の手術の体験を踏まえながら話していこうと思います。 フルーティスト(プロ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコのフルーティストはBulent Evcilでした

前回紹介したフルーティストはBulent Evcilと言うトルコのフルーティストでした。 トルコと言うとあまりなじみのない国のように思いますが、親日家が非常に多い国のようです。 ヨーロッパとアジアの融合地点。(現在EU加盟国に申請中とのこと。なので、欧州に属するのでしょうか) フルートとは全く関係ありませんが、トルコと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドナルド・ペック(シカゴ交響楽団で演奏している動画)

ドナルド・ペックの動画がありました。 興味のある人は見てみてください。 ゲオルク・ショルティの指揮です。(ブルックナー交響曲7番) 1分55秒からぺックが出てきます。 音色は極めて透き通った音で、ゴールウェイに通ずるところもあると思います。 また、テクニックも抜群です。 でも、あまり知られていないのは、個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nina Perlove VLOG: Who is the mystery flutist?

前回に引き続きクイズです。 動画の半ばから静止画になりますが、そのバックでフルートを吹いています。 そのフルーティストは誰でしょう? ではどうぞ! ヒント:ここ2,3年の録音ではないです。(もっと前と言う意味です) 当たった人へ・・・「おめでとうございます。よくわかりましたねぇ。すばらしい!」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールウェイが絶賛のフルーティスト(Raffaele Trevisani)

Raffaele Trevisani(ラファエレ トレヴィザニと読んでおきます)はジェームズゴールウェイのホームページで知ったのですが、綺麗な音色だと思います。 もちろん、インターネット上の音しか聴いたことがないので確かなことは言えませんが、ゴールウェイの音に似ている気がします。 並んで演奏しているのが以下のURLから観られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清木ナツキ フルートリサイタル

ところで、フルートの音は、硬い音と柔らかい音に二分できると思うのです。 ま、でも硬い中に柔らかい音があったり、その逆だったり、があるのでこのフルーティストはこの音! と言うのはないのかも知れません・・・ 清木ナツキさんのリサイタルについてお知らせします。 東京(近郊)の方と、広島の方はラッキーです。 2009年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラマツフルートレッスンセンター講師によるコンサート(その2)

ムラマツフルートレッスンセンター講師によるコンサートは非常に勉強になりました。 誤解を恐れずに書きますが・・・ このコンサートの出演者の経歴を見ながら演奏を聴いたのですが経歴そのものに関しては音楽には関係しない、と 思いました。 と言うのも同じパリ・エコール・ノルマル音楽院ソリストコース出身者の方々が別々に演奏してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラマツフルートレッスンセンター講師陣によるコンサート

ホールを鳴らす このことについて、実際に2日前に体感したので、今日はこれについてお話します。 横浜みなとみらいホールで1月10日(土)16:00~ムラマツフルートレッスンセンター講師陣によるコンサートがありました。 錚々たるメンバーでのコンサート。 素晴らしい音色に酔いしれました。 と言いたいところですが・・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フルートを吹くときのそばなり・・・!?

「鳴らす」をお話しする前に・・・ 「そば鳴り」と言う言葉を知っていますか? 「蕎麦なり」ではありません・・・^^; 一般のフルート吹きの方は結構これが多いです。 もし・・・自分で精一杯吹いているのに指揮者や聴衆からもっと大きな音でと指摘をもらった人はこれに該当するケースがあります。 楽器自体を共鳴させ、指に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドナルド・ペック(シカゴ交響楽団元主席フルート奏者)

シカゴ交響楽団とゲオルク・ショルティ。 この名コンビの素晴らしさは今更言うまでもないことでしょう。 その黄金期にシカゴ響で主席フルート奏者をしていたのは、ドナルド・ペック。 私が高校生の頃その音色に魅せられて何百回と聴いたドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」。 その素晴らしいソロを奏でていたのがドナルド・ペック…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハンスゲオルク・シュマイザーの音色とアンブシャー

「フルートの音色を自分の理想に近づけることは簡単ではありません」 と言う第1回目のブログから既に4回目となりましたが、その回答の1つを述べます。 10人いれば10人とも 唇の形 肺活量 体格 顔の形 その他諸々・・・ 違うのは当たり前の話。 20名程度の少人数を対象にしたハンスゲオルグ・シュマイザー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nina Perlove フルートの発音方法

音の出し方について話します。 今日はニーナ・ペロワ(Nina Perlove)(日本語読みで間違っていたらごめんなさい)の音の作り方をまずはご覧下さい。 考えてみれば当たり前ですが、他の木管楽器(サックスフォン含む)のようにリードを持っていません。 例えばクラリネットならシングルリード。このリードが鳴るので、それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームスゴールウェイにも師事した清木ナツキからの助言

何故フルートが難しいかという説明の前に誤解を取り払わなくてはなりません。 少しでも、と言うか、少ししかフルートをやったことのない、特に独学の人は必ずこう言います。 「フルート?簡単だよ!」と。 しかし、音色を追求して吹いている人は 「フルートは難しい!」と言うと思います。 勿論、稀にすんなりと良い音が出る人もいるで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジェームス・ゴールウェイ16本のフルートのデモンストレーション

ジェームスゴールウェイのフルートは素晴らしい、と思う人は多いと思います。 ならば、ゴールウェイが使っているフルートにすれば、 つまり金のフルートにすれば、あの素晴らしい音色が出せる! と勘違いしている人は意外と多いのではないだろうか。 自分の音色は悪い=あまり良いフルートではないから 上の公式は×であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more